(恋愛小説)俺の愛したレディ達

俺の愛したレディ達よ。 感謝の気持ちを込めてお前達を語らせてくれ。

青春時代俺が中学で愛した?いや、まだ半分以上は大人になりきれていなかったので愛とは呼べなかったかも知れないそんな俺が好きになった女の名前は「純子」であった。ふくよかな顔で笑顔が優しい子であった。紺色のセーラー服にグリーンの2本線そして赤い小さなネクタイが ... もっと読む

青春時代多分初恋というのは小学生の頃であったと思う。近所の女の子と仲良くなっていくうちに、男友達よりもその子とばかり遊ぶようになった。女の子の名は千里と言った。今こうしてその頃の記憶を辿ってみると子供心にその子の事が好きだったのかも知れない。なのでここで ... もっと読む

青春時代俺の名はM。女をこよなく愛する男だ。産まれた時からそのようなDNAを持っていたのかもしれない。女無しでは生きていけないとさえ思うほどレディが好きだ。自分でもそんな事に気づき始めたのが中学に入学した頃からであったと思う。誰もがそんな思春期を迎えるように ... もっと読む

↑このページのトップヘ