(恋愛小説)俺の愛したレディ達

俺の愛したレディ達よ。 感謝の気持ちを込めてお前達を語らせてくれ。

タグ:タイ・バンコク・パタヤ・フィリピン・マニラ

青春時代それから何度か純子に売店に行ってもらった。 ただ、それ以上の進展も無く私は焦った。純子は単に俺に頼まれたから行ってあげた。そんな風であった。友達の彼女、恵美などは休み時間になると、時折彼の席に来て楽しそうに談笑している。少し顔を赤くして。また、授業 ... もっと読む

青春時代チャイムが鳴った。純子が 恵美に何か話掛けている。それを遠目で見ているだけで俺はドキドキしたものだ。何を話しているのだろう?2人の会話を盗み聞きたい衝動に駆られた。そうするうちに、恵美と純子が立ち上がり教室を出た。一緒にパンを買いに出たのだ。俺の為 ... もっと読む

青春時代もしこの時純子が俺の申し入れを嘲笑って断っていたら、俺は相当落ち込んでいたに違い無い。今の 俺と違い、中学1年だった俺は、当たり前だが恋愛に対して免疫など皆無であったからだ。純子は俺を見ていた。俺の顔を。そして差しだしたその財布を。しばらく間があっ ... もっと読む

青春時代自分にも彼女が欲しい。そんな気持ちが芽生えた俺はその気持ちを「行動」に移した。男が女を求めるのは生態系 で言うところの「本能」であろう。女に自分の子供を産ませ、子孫を残す。そうした事が繰り返される事で人類は滅ぶ事が無いのだから。13歳になると、そん ... もっと読む

青春時代友達が彼女に財布を渡し、今日もパンを買いに行かせた。それを横目で見ながら俺は嫉妬した。「どうして、奴には彼女が出来たんだ?」「どうすれば、俺にも出来るんだ?」心の中でそう叫び、俺はどうすればあいつのように彼女が出来るのか考えた。今では笑い事のよう ... もっと読む

↑このページのトップヘ